あそこの毛を自己処理するならどの方法?

アンダーヘアの自己処理

アンダーヘアの処理方法で一番ポピュラーなのは、カミソリです。

カミソリはムダ毛処理で欠かせないアイテムなので、この先もカミソリがなくなることはないでしょう。

でも、カミソリが一番きれいに処理できる方法というわけではありません。

そればかりか、肌のトラブルが起こりやすいデリケートゾーンの処理には適していない方法なのですね。

では、あそこの毛のいろいろな処理方法の特徴と、オススメの方法をご紹介したいと思います。

カミソリ

お金がかからず、処理の時間も早いのでついついカミソリでアソコの毛を処理しちゃう人、多いんですね。

でも、カミソリはムダ毛を剃るときにお肌の皮膚まで削っちゃうんです。

削られた肌はすぐに修復されるのですけど、その時に毛が皮膚の中に閉じ込められて埋もれ毛になってしまうことも多いんです。

閉じ込められた毛は、皮膚の中で成長を続けるのでやがて肌から透けて見えるようになります。

これは見た目的にはかなりのマイナスですよね。

他にも、肌を削ることによって黒ずんだり、毛穴が炎症を起こしてしまうことも。

カミソリを使う時は、ローションをつけて皮膚への刺激を緩和して、使った後にはしっかりと保湿することが大切なんです。

仕上がりや後々のことを考えると、あそこの毛の処理でカミソリは使わないほうがいいと思います。

毛を抜く処理(毛抜き、ワックス、テープ)

カミソリの処理を繰り返して嫌気がさすと毛抜きを試してみたくなりますが、アソコの毛を抜くのは絶対ダメ。

すぐに埋もれ毛や炎症などの肌トラブルになっちゃいます。

毛を抜いてしまったことで、ビキニラインが汚くなって後悔している人がたくさんいるんですね。

普段から毛を抜いている人は、今良ければそれでいい!という考えはやめて、後々のことを考えて今後はやらないようにしましょう。

とくに、粘膜に近いIやOラインの毛は絶対抜かないようにしましょう。

除毛クリーム

アンダーヘアに使える除毛クリームもあるんですが問題点が目立ちます。

カミソリや毛抜きよりも肌トラブルの心配はないんですけど、除毛クリームに配合されている毛を溶かす成分は、お肌にもダメージを与えるのでヒリヒリしたり赤くなったりすることがあるので、決していい方法とは言えないんですね。

それに、除毛クリームで一時的に毛をなくせたとしてもまたすぐに生えてくるのでそのたびにクリーム使わなければならないんです。

Vラインの形をきれいに整えるのは難しいですし、肌への負担が蓄積されてしまいます。

さらに、お金もすごくかかってしまうんです。

もし使うのであれば、必ずVラインに使える除毛クリームかどうかを確認して下さい。(種類は少ないですが、使えるクリームにはデリケートゾーン用などの記載があるはずです。)

IラインやOラインに使うことはできないので、下着からはみ出る毛(ビキニライン)のムダ毛処理につかいましょう。

ただ、他の処理方法よりも悪いところが目立つ方法なので、アソコの毛の処理で除毛クリームを使ってみようか迷っているなら、やめたほうがいいと思います。

 

電気シェーバー

電気シェーバーやトリマーなら肌を削ることなくムダ毛を処理できます。

カミソリより深ぞりできないからすぐにジョリジョリ生えてきてしまうのが難点ですが、こまめに処理することでカバーできます。

アソコの毛の自己処理で一番気を付けなければいけない肌トラブルを回避できる数少ない方法なんですね。

おすすめは電気シェーバー

もしこれからアソコの毛を処理しようと考えているなら、電気シェーバーがオススメです。

最近の電気シェーバーは、肌に優しい安全設計になっているので肌トラブルの心配なくアソコの毛を処理することができるんですね。

本体の価格は商品によってピンキリですけど、そんなに高い物を買わなくてもパナソニックのサラシェで充分キレイに処理できますよ。

サラシェは3,000円くらいでバスタイムにつかえる防水機能がついた商品が買えますのでコスパは抜群だと思います。

すでに黒ずみや埋没毛に悩まされている人にもオススメですよ。

↑ PAGE TOP